ピエタセラピーのご感想

下の子が生まれ、上の子のイヤイヤや嫉妬がすごくなり悩んでました。
多分、上の子は色々な不満があるのだろうな
とは思ってましたが、
ピエタセラピーをして、思いが溢れたのか、様子を見て
この子がこれまで、どんな思いをしてきたのか感じる事が出来ました。
セラピー後は、とても笑顔で走り回って
本人もすっきりしたようでした。
これから、もっと学んで
よりよい親子関係になりたいと思います。
ありがとうございます。

H.H様


2回目の参加でしたが、また参加できて本当に良かったです。
前回もそうでしたが、自分が躓いている所と
子どもが躓いている所は同じなんだと気づかされました。
子どもを癒しているようで、自分がすくわれているんだなと。
一緒の乗り越えていけたらいいなと思いました。
改めて大切な子どもだと思いました。

E.M様


子どもを癒すつもりが、自分が癒されました。
子どもに話しかけている事が
実は子どもの頃の自分に話しているのだなと気づかされmt。
子どもが私の感情を解放してくれるために
一緒に泣いてくれて
本当に子どもが私のもとに来てくれて
ありがとう
と思いました。

H.O様


子どもの問題かと思っていたら、
怒りで支配されていた自分の問題だった事に『やっぱり』と『驚き』でした。
子どもまで怒りを抱えこませていたようです。
私の子ども時代からの怒りを上手に吐き出せるように
私の中のインナーチャイルドを癒していきたいです。
自宅でもう一度セラピーをして
子どもと自分自身に向き合おうと思います。
セラピー中、子どもが私と目が合わなくて寂しかったですが
きっと、私も自分自身の怒りを見てあげていなかったのかもしれませんね。

M.H様


思いもよらなかった事が原因で
怖い、寂しいという感情がでていた事がわかりました。
子どもの本当の気持ちが見えたので嬉しかったのと同時に
今まで気づいてあげられなかったという気持ちもあります。
子どもが泣ききって眠ったのを見て
私の胸につかえていた何かがスーッとしました。
そして、もう少し子どもを信じて見守ってあげようと思えるようになりました。
今後の子どもとの関係に糸口が見えた気がします。

T.N様


今まで「大好き」の声かけは良くしていましたし、
直近で怒った事に対してあやまったりしていましたが
過去を振り返って寂しい気持ちに共感してあげる事はなかったなぁと思いました。
子どもは
「悲しいけどママは本当には分かってくれていない」と
思っていたように感じ、
それが自分の中の怒りや諦めの気持ちのせいだと分かったのが良かったです。
子どもの問題行動をどうにかしよう。
そのために自分の接し方をちゃんと変えようと思ってましたが
それ自体、どうして私ばかり…と思っていました。
まず、わたし自身を振り返り、
悲しみや怒りと向き合いながら共感したいと思います。

C.I様

関連記事

お知らせ

初著者:こどもはママのちっちゃな神さま

初著者:こどもはママのちっちゃな神さま

  • 日時2017年4月1日ワニブックスより発売
  • 会場全国の書店・Amazonにて

メルマガお申し込み

氏名*
姓: 名:
メールアドレス*

確認用メールアドレス*

都道府県*

お申し込み
お役立ちリンク集
プロフィール
youtubechannel
無料で学べるメールマガジンご登録はこちら